タグ別アーカイブ: オリジナルTシャツ

オリジナルTシャツを作るのにかかる費用

普通はオリジナルTシャツを制作する際は業者に依頼することがほとんどです。
そのためオリジナルTシャツを作るのに必要な費用というのは、業者に依頼する際にその条件によってそれぞれかかる費用となります。どういった条件で値段が加算されていくかというと、まずTシャツの生地や色でのシャツ代、そして数量、プリント方法としてメジャーな方法としてインクジェットプリントとシルクスクリーンプリントと二つあり、インクジェット方式は1色計算しないのですが位置やサイズによって値段が変わります。

またシルクスクリーン方式は位置によって値段は変わりませんが1色ごとに値段が上がり、刷る枚数が増えるほど安くなる方式です。

これらの総計で価格が決定しますが自分の好みのイラストを元に1枚インクジェットプリントで制作する時にかかる費用は思ったよりも高くありません。

自分のお気に入りのオリジナルTシャツを作れるというのはお店で普通に買うよりも断然、満足できると思います。

オリジナルTシャツ初心者でも安心の雛形

オリジナルTシャツを初めて作る際は、雛形を活用すると制作が簡単になります。

使うと使わないとでは、作業のしやすさが大きく違うものです。お店毎に用意されていますので、ダウンロードして有効活用しましょう。

ダウンロードできる雛形には、Tシャツ向けのイラストや画像等が数多く含まれています。

Tシャツ型の土台の上に好みの絵型を選んで配置し、色やサイズを配置すれば、簡単にオリジナルTシャツのデザインができるでしょう。

このように、イラスト制作や画像編集をする自信が無いという方でも、見栄えの良いシャツに仕上げやすい仕組みになっています。

もちろん、オリジナルのデータを配置する事もできますから、イラストや画像の制作に詳しい方が初めて作る際も、スムーズな制作と注文をしやすくなる方法です。

特に、オリジナルのイラストや画像をTシャツに転写するとどうなるのか、好きなだけシミュレートできるのは大きなメリットです。

実際にTシャツの上に転写すると、想像していたのとは印象が異なったり、色味の調整が必要になったりするものです。

オリジナルTシャツの注文前に、雛形を使ってシミュレーションを繰り返せば、実際にできあがるオリジナルTシャツと近いものに仕上げやすくなるでしょう。

ボーダーTシャツでオリジナルTシャツを作るには

ボーダーのTシャツでオリジナルTシャツを制作するには少し面倒な手間が必要になります。

それは業者の依頼ではほとんどが無生地のTシャツで制作依頼する条件が多いため、そもそも業者には依頼できないと考えます。

そうなると自作でボーダーTシャツを使って作ることになりますが、黒地と白地で塗りの違いがあるものなので、手間や質を求めると初心者向けとは言えません。

それでもボーダーのTシャツに品質の良いプリントをするのであれば、画像データをそのまま貼り付けるインクジェットプリントがお勧めです。これはパソコンとインクジェットプリンターが必要で、プリントアウトしたイラストをTシャツに転写することでプリントする方法です。

アイロンの当て方などに注意が必要です。また洗濯の回数を重ねると剥がれやすいという特徴があるので、裏返しにして洗濯すると剥がれにくく長持ちすると思います。

この方法なら希望通りのオリジナルTシャツが完成できます。